勃起不全に悩まされる若い男性の写真

まだ若いのに勃起不全はショックだ

勃起不全は、男性であるならば深刻な問題です。年老いてからであればまだしも、まだ若い時になってしまいますと立ち直るのもツライです。では、勃起不全を予防する事が出来るのでしょうか。その対策を見ていきましょう。

勃起不全ってどんな病気?症状と治療方法

勃起不全とは興奮時に正常な勃起が得られない症状のことをいい、体の衰えから発症する方や若年性のものなど原因も様々です。特に近年勃起不全で悩む若い世代の方が増加傾向にあり、その主な原因としては生活習慣の乱れやストレスなどから発症します。また、女性との性行為時にうまく勃起ができずそれがトラウマとなってしまい勃起不全に繋がってしまっている方も少なくありません。この様に勃起不全で悩む男性が増加しているなかで勃起不全の治療薬を服用する男性も増えてきております。勃起不全の治療薬として有名なのがバイアグラですが、それ以外にも服用後、効果の即効性に長けているレビトラや持続時間が長いシアリスなど三大勃起不全治療薬として名を連ねております。また近年では勃起不全の治療薬を病院ではなくインターネットを利用したインターネット通販サイトで購入する方も多く、日本では購入できない安価なジェネリック医薬品なども注目されております。またネット通販で薬を購入する場合には良く服用方法や副作用について確認しておく必要があります。インターネット通販サイトを利用することで病院での診察や処方が必要ないなどのメリットもありますが、インターネット通販サイトで治療薬を購入する場合に全て自己責任で服用することとなっており、薬の副作用が強く出た場合などのリスクに対して保証が利かないため服用には十分注意が必要です。その為、薬に対する知識や服用にあたっての安全性につい、副作用や服用方法について不安のある方や持ち病や他のお薬と併用する場合にも併用の有無を確認する必要がありますので、必ず専門医師のいる病院にて医師の診断と指導のもとでお薬を購入するようにしましょう。

勃起不全を病院で治すのが恥ずかしいならネット通販

勃起不全の薬を安全に手に入れるための手段としてはクリニックで処方してもらう方法があります。クリニックに行けば簡単な診察をうけるだけで誰でも気軽に薬を処方してもらうことができるので、安心して薬を使うことが出来ます。一方で、様々な理由で病院に行くことに嫌悪感がある人も少なくありません。中には、自身の陰茎をクリニックで見られたりそういう症状になっていることを相手に知られたくなくて病院に行くことを拒んでいる人もいます。そのような人たちは、無理に病院で薬をもらおうとせずにネット通販を利用して薬を手に入れることを考えるほうが良いでしょう。薬のネット通販は、国内の業者が勝手に行うことは違法な行為です。インターネット上で販売して良い薬の種類は法律によって厳格に決められているので、利益を目的として勝手な判断で薬の販売をすることは少なくとも国内では認められていないことを知っておきましょう。では、なぜネット通販を利用すれば容易に勃起不全のための薬を入手することが出来るのでしょうか。それは、海外のジェネリック医薬品を転売屋販売目的で入手するわけではなく個人の目的で入手するからにほかなりません。確かに、日本国内で海外の薬を勝手に仕入れて販売や転売をすることは法律違反なのですが、全くの個人が個人的な理由のために薬を使うために海外からジェネリック医薬品を入手することは法律でも禁止されていません。日本国内の会社には、海外の薬を入手したいと考えている人のために輸入代行というサービスを実施している会社がありますので、そうした会社を利用することによって容易に海外からネット通販で薬を買うことが出来ます。病院に行くのが恥ずかしい人はこの方法で個人的な目的で薬を入手すれば良いでしょう。

勃起不全治療薬の種類と効果の違いについて

1990年年代前半に狭心症の薬として開発された薬剤は、臨床試験の結果が思わしくなく、この薬を服用している患者からの回収を図りましたが、勃起機能が僅かながら回復したとの報告を受け研究が継続されました。この結果1997年に米国で世界初の勃起不全治療として承認を受け、翌1998年に発売され世界中から注目される存在となりました。その後勃起不全治療薬は2種類が追加され現在は3種類となっています。日本では勃起不全治療自体が自由診療領域に入るため当然治療薬も健康保険の適用は受けませんが、医師の処方が可能であり、個人で合法的に購入する事も可能です。勃起不全のメカニズムは男性が性的刺激を受けると脳から信号が送られ一酸化窒素の放出によりペニスの中でサイクリックGMPが増加し血管が拡張し海綿体に血液が流入する事により起こります。因みに性的興奮状態が治まると酵素ホスホジエステラーゼ5の働きにより怒張したペニスは元に戻ります。冒頭の治療薬は何れもサイクリックGMPを無効化するホスホジエステラーゼ5の働きを阻害する事で勃起不全状態を改善させる点で同じ薬理作用を持ちます。違いはそれぞれの薬剤の添付文書によると、効き目の時間に若干の相違があることが分かりますが、3剤共に同じ条件の下で検証を行っておらず、客観的に見て甲乙つけがたいのが正直なところです。ただ3種の内の最後発品に関しては持続時間に一日の長があります。他の2薬剤が4時間程度であるのに最後発品は36時間持続性がありこの点大きな違いがあります。しかしながら勃起不全は多分に精神面が大きく影響していると言われる症状であるが故に薬の効果も個人によって大きく異なります。使用に際しては専門医の診断を仰ぎ自分の体質にあった薬を選択してかかることが必要です。